Python tips (随時更新)

いずれしらべる タイムスタンプから月だけ取り出す データフレームをスライシングし処理していくループのpythonicな書き方 .ixがなくなり.iloc, .locだになるので違いをまとめておく リストに要素を追加 論理ベクトル同士をクロス集計 Seriesを結合してデー…

Gmail APIを使ってみる

公式ガイドにかいてあるとおりやってみる。以下適当に和訳。 Step 1: APIの有効化 Google Developers Consoleでプロジェクトを作ると自動的にAPIが有効化になる。ウィザードどおり続けて認証情報を取得する。 プロジェクトへの認証情報の追加ではキャンセル…

APIで株価データを取得して移動平均を描く

import pandas as pd import quandl import seaborn # quandlから株価データを取得 # 東京証券取引所からソフトバンクのデータ prices = quandl.get('TSE/9984.4', returns='pandas', start_date='2016-08-17', end_date='2017-06-28') prices.plot() # 25日…

オライリーなどのKindle本をAndroid端末で読むには

内部ストレージ > Android > data > com.amazon.kindle > file フォルダにつっこむ。

株用語。随時更新

成行:値段を指定しない注文方法です。「成行で1000株の買い注文」とか「成行で3000株の売り注文」 指値:買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」 参考 第70回 …

「臆病者のための株入門」を読んだのでメモ その2

割引率 要するに金利のこと。 金利10%のところに10年預けて、1年目に1万円もらう。その1万円は10年後の1万円と同じ価値ではない。 今の1万円 = 10年後の25,937円 10000 * (1.10**10) Out[2]: 25937.424601000024 今の3,855円 = 10年後の1万円 10000 / (1.1…

pythonによるデータ分析入門 11章 金融と経済データへの応用 を写経 その1

まずはデータ取得 import pandas as pd import quandl # quandlから株価データを取得 prices = quandl.get(['YAHOO/AAPL.4', 'YAHOO/JNJ.4', 'YAHOO/INDEX_GSPC.4', 'YAHOO/XOM.4', ], returns='pandas', start_date='2003-01-02', end_date='2011-10-14') p…

Quandlの使い方メモ

quandlでデータ取得 quandl.get() 関数のdataset引数にquandle codeを渡してデータを取得する。 dataset: ‘取得元/銘柄'。ソニーなら'TSE/6758'。TSEは東京証券取引所 # 東京証券取引所の公開データからソニーのデータを引っ張ってみる dat = quandl.get(dat…

pythonで金融関係のチャート

pythonでローソクチャートを書く練習 ほぼ以下のサイトのコピペ。感謝 Pythonでローソク足と出来高を1つのチャートに簡単に描く方法 - 今日も窓辺でプログラム import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.finance import candles…

Pythonで株価取得

pythonで株価を取得する quandleというサイトで可能。 Quandl Financial and Economic Data セブンアンドアイの株価を取得 最初の変数で'TSE/3382'とすると、Yahoo USA financeから株価を取得できる。 ‘YAHOO/AAPL'とするとアップル。 取得元/銘柄。東京証券…

株の勉強を始めた その1

「臆病者のための株入門」を読んだのでメモ うまい話はそうそうない(当たり前)。 ホリエモンは頭がいい。 用語を調べよう。 バフェットの法則:企業価値を調べ、信頼できるところを長期保有 用語を調べよう デイトレード:その日のうちに売り買いすること…